永 住 ビ ザ




永住ビザとは
結婚(配偶者)ビザや就労ビザで在留資格を取った場合、原則として在留期間が定められます。在留期間は、その人の在留状況により定められますが、長くても5年であり、期間が満了するごとに、更新の許可申請をしなければなり、手間と費用が非常にかかります。
(特に転職をしていたりすると面倒です)

そこで、一定の条件を満たせば、在留期間を定めずに日本に暮らすことが出来る在留資格「永住者」という制度が設けられています。これを一般に永住ビザと呼ばれるものです。



永住ビザの特徴
①更新許可申請が不要
永住ビザの特徴は、まず何と言っても「在留期間がない」、つまり更新の手続が不要ということです。うっかり更新を忘れて不法滞在者になってしまうこともありませんし、更新の許可が降りるかハラハラする必要もありません。

②就労活動に制限なし
そしてもう一つ大きなメリットとして自由に仕事が出来ることが挙げられます。アルバイトなどの単純労働も可能です。
就労ビザのように、転職するたびに入管に届出る必要も、持っている在留資格で出来る仕事なのかの証明を取る必要もありません。

③離婚しても永住資格は消えない
結婚ビザの場合、離婚をしてしまうと次の在留期限までに在留資格の変更をするか、帰国をするしかありません。永住者なら離婚をしてもその地位はそのまま残ります。

④社会的信用が高くなる
住宅ローンや融資を組みやすくなるというメリットがあります。

⑤帰化との違い
日本国籍を取る「帰化」との違いが分かりにくいかもしれませんが、帰化が日本国籍を取って日本人となるのに対し、永住者はあくまで外国籍のままです。したがって選挙権はありませんので、もし有権者や政治家として政治に参加するには帰化するしかありません。



永住ビザを取るには
これだけ魅力的な永住ビザですが、誰でも取れるわけではなく、一定の条件を満たす必要があります。

原則(一般の方)

(1)素行が善良であること
 
犯罪歴があったらダメです。前科を照会するので嘘をついてもすぐバレます。

(2)独立して生計を営むに足る資産または技能があること
 
充分な生活費を得ることが出来る仕事がなければダメです。

(3)日本の利益になること
 
きちんと税金を納めていることを証明します。

(4)「10年以上」「継続」して日本に在留していること
※再入国許可を取って出国すれば「継続」が途切れることはありません。
※留学生として入国し、卒業後に就職している場合は、さらに就労ビザ取得後5年以上在留という条件が追加されます。


特例
(4)については、在留資格によっては特例で緩和されます。
ここでは一部をご紹介します。

①「日本人の配偶者等(日本人の夫・妻・子)」の在留資格を持っている場合
・在留期間「3年」または「5年」の在留資格を持っていること。
・実態を伴った結婚生活が3年以上継続していること。
・1年以上継続して日本に在留していること。
・現在も結婚が継続し、安定していること。(別居中や離婚調停中などでないこと)

②定住者の場合
・在留期間「3年」または「5年」の在留資格を持っていること。
・5年以上継続して日本に在留していること



費用
永住許可申請  100,000円~
(ご家族1名追加ごとに +20,000円~)
 
理由書・事業計画書の作成のみ 30,000円~
申請書類のチェックアドバイス 30,000円~

ご相談・お申し込み





お問い合わせは、03-6459-6477または下記フォームから。


必要事項をご入力の上、送信して下さい。

(24時間受付)



お名前必須
ふりがな必須
会社名
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須
郵便番号
都道府県
ご住所
連絡先お電話番号必須
お問い合わせ内容必須






このページをシェアする