改正航空法違反 ドローンで高さ制限超えて検挙
2017-02-23

道交法改正 ドライバー不足対策で「準中型免許」創設

道交法が改正され、3月12日から新たに「準中型免許」が創設されます。

 

ネット通販の急増によるドライバー不足が社会問題になっていますが、

その要因の一つが、平成19年改正で創設された「中型免許」であると言われています。

 

それまでは普通免許で4トントラックを運転可能でしたが、

この改正で「中型免許」が必要になりました。

 

「中型免許」は20歳以上しか取得できないため、

高卒者がすぐにトラックドライバーになることが事実上困難になってしまったわけです。

 

今回の改正で創設された「準中型免許」は18歳以上で取得ができ、

3.5トン以上7.5トン未満の小型トラックの運転が可能になるため、

高校卒業後すぐにトラックドライバーとして働けるということで大変注目されています。

 

ちなみに2トントラックも「準中型免許」が必要です。

前述の「3.5トン以上7.5トン未満」は車両総重量のことで、

2トントラックの「2トン」は最大積載量(2.0~2.9トン)のこと。

2トントラックは車両総重量は「5トン未満」なので「準中型免許」になるというわけです。

 

このページをシェアする